ガールズチャットで知り合った男性と…お互いが高まり合う瞬間を共有

マイさん(43歳 女性 北海道 在宅ワーカー)からのテレビ電話セックス体験談投稿です。

なかなか男性と知り合う機会が無く、欲求不満のマイさん。
ガールズチャットで知り合った男性から、相互オナニーをしようと誘われました。
初めてのライブチャットオナニーは、かなり刺激的だったようで…。


言われるがままに自慰行為を
言われるがままに自慰行為を

私は、43歳の女性です。

在宅の仕事をしている私には、なかなか男性と知り合う機会はありませんでした。

もちろん、男性の友人もいましたし、時には食事や映画に行くような人はいましたが、いわゆる性的な事を満足させてくれる相手とは巡り会えませんでした。

彼から相互オナニーのお誘い

そんな時に、ガールズチャットというサイトを知りました。

これなら、身元がバレる事はないし、リアルで会う訳ではないから、安心だと思ったんです。

そこで、プロフの欄には欲求不満である事、そして、リアルは苦手だと書いておきました。

と、数人の男性からアプローチがあって、かなり驚きました。

その中でも、かなり好みのタイプがいたんです。

顔立ちは、ややガッシリ体型の人で、年齢は私よりも少し下の38歳。

そして、職業がトラックの運転手で、かなり身体は日焼けしていました。

写真でもこれだけ魅力的なんだから、ビデオならもっと素敵だろうと思ったので、アプローチをする事にしました。

そして、彼からお互いオナニーし合おうと誘われたんです。

ハチミツの甘い香りと、彼の性器

唐突な誘いだったので、いきなり?という驚きがありました。

でも彼は、

「嫌だったら上半身だけでも良いよ」

と言ってくれました。

そこで、思いきって一緒にオナニーしてみる事にしました。

事前に用意する物として、「ハチミツ」「オリーブオイル(瓶入り)」と、彼からメールが送られてきました。

何に使うかは、大体予想がつきましたが、食べ物をオナニーの時に使用した事がなかったので、何となく不安に感じてきました。

そして、彼とのオナニーが始まりました。

画面の中では、既に彼ははち切れんばかりの状態になっていて、彼は自分の性器にハチミツをダラダラとかけました。

そして、私に

「指にハチミツをたっぷりつけて、オナニーしてみて」

と言うのです。

甘い香りと、彼の性器

私は無我夢中で自分の指を中に入れていました。

瓶にタップリとオイルを塗って

欲求不満の身体は、それだけでもかなり感じました。

ハチミツだらけの彼の性器。

まるで、私の指が彼の性器になったかのような気持ちになってきました。

そして、彼も同じ気持ちだったのか、時おり、

「イイよ」

とか、

「すごくいやらしいね」

とか言われて、ますます高ぶってきました。

そして、今度はオリーブオイルの瓶です。

蓋を開けて、瓶にタップリとオイルを塗っておくように言われました。

言われた通りにすると、

「瓶を立てて、上から瓶の入り口を入れてみて」

と言われました。

画面の中では、今度は彼が仰向けになっています。

そして、

「下から入れてあげる。気持ち良くしてあげる」

と言われました。

私は、こんな事した事ないって思いながらも、彼に言われた通りにしました。

入り口に、瓶の入り口が当たり、たまらなく気持ちよかったです。

癖になってしまいました

ハァ、ハァと私が喘ぐ中、彼もマスターベーションをしていました。

ハチミツの時には、性器だけをアップにしていたんですが、今度は体全体が見える状態でした。

どこかにスマホを固定しているらしく、彼の姿が小さくしか見えなかったのが、少し残念です。

やがて彼も私も絶頂を迎え、気持ちが高ぶったまま、彼が

「オリーブオイルの瓶と繋がっている場所を見せて」

と言ってきました。

私は、まるで魔法にかかったように、彼にその部分を見せていたんです。

そして、

「瓶を取ってと、もっと足を広げて」

と言われて、その通りにしてしまいました。

彼は画面を一生懸命舐めているようで、しばらくは画面には彼の舌のアップが続きました。

まるで、彼に舐められている気持ちになって、私は何度も体が高ぶりました

初めてのライブチャットでのオナニーは、かなり刺激的なものとなりました。

実際、こんなに気持ちが良いとは思っていなかったので、それから癖になってしまいました

きっと、彼の誘導が上手だったのだと思います。


ご投稿ありがとうございます。
はじめてのテレビ電話エッチはかなり刺激的な内容でしたね。
オリーブオイルの瓶を挿入とは、バイブに比べると激しい感じがしました。
男性からの誘導でオナニーをすることにマイさんはハマっちゃいましたね。
また一人、テレビ電話エッチの魅力にとりつかれました。